今日の一品

自慢のレシピを紹介しあって、皆で料理上手になろう!! レシピを投稿してくださる参加者も募集しています(このブログを見て作ってみた方はぜひトラックバックをよろしくお願いします♪)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
私のお気に入り鍋×3
最近だいぶ寒くなってきて、鍋が美味しい季節になってきましたね!
鍋といっても本当にいろいろなものがあって、楽しみはつきません。
皆さんはどんなお鍋がお好きでしょうか。

今回は我が家で最近作ってみて、美味しかった!という鍋を3種類ご紹介いたします。
おそらく定番鍋だと思いますが、本当に美味しいのでぜひ作ってみてください☆
その1 鶏がらスープの水炊き
今までずっと、水炊きといえば昆布をポチャンと入れておだしをとっていたのですが、ある時「はなまるマーケット」で鶏がらスープの水炊きが美味しいと聞き、1回作って以来、我が家の水炊きはいつも鶏がらスープです。
鶏がらを買ってきて、鍋に入れ、ねぎの緑の部分と生姜の薄切り1枚、たっぷりのお水を入れて1時間ほど火にかけ、鶏がらスープをとるだけで、ものすごく美味しい水炊きができるんです!!
具はメインが鶏肉で、後はお野菜をいっぱい入れます。
食べる時はポン酢を少々かけ、ゆずこしょうを添えます。
ほんわかとまろやかでほんのり甘い鶏がらスープ、最高に美味しいです!!
スープを少しとっておいて、次の日にはコーンスープを作ったりもしてます。


その2 水菜のはりはり鍋
先日、業務スーパーでとんでもなく大量の水菜を購入してしまった我が家。(しかもそれが¥100だったのです!)
食べても食べてもなくならない…。
と、近所のおばちゃんに相談したところ、関西名物のはりはり鍋を教えてくださいました。
こちらもものすごく簡単です。
だしをとり(我が家はあごだしをパックでとってます)、みりんとしょうゆで少し濃い目のお吸い物程度の味付けにします。
具は豚肉と油揚げ、そして大量の水菜が必須。
後はしいたけやねぎなどお好きな野菜を入れてOKです。
これは汁に味がついているのでそのまま食べます。
豚肉や油揚げからもいいおだしがでるので、汁もものすごく美味しいです!!
水菜はさっと火を通す程度でOK。
おかげさまで全部消費できました。
ちなみにしめはうどんを入れると最高に美味しいです♪


その3 モツ鍋
モツ鍋を食べたい!という夫のリクエストで作ったのですが、こちらも美味しかったです〜♪
モツは1回茹でて、ごしごしとこすり合わせてよーーーく洗います。
それから圧力鍋で10分くらい加熱し、やわらかくしてから利用しました。
味付けは味噌と醤油がメインで、にんにくをドカドカと入れました。
具はキャベツが合うみたいです。
にんにくが大量なので、次の日に予定がない時がいいと思いますが、こちらもパワーが出る感じで非常に美味しかったです。


皆様のオススメ鍋ってどんなものがあるでしょうか?
ぜひ知りたいです!!


「美味しそう!」「作ってみたい!」と思ったらぜひ一票を☆ →→にほんブログ村 料理ブログへ
| スープ | 11:21 | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:21 | - | -
コメント
とまとさん、お久しぶりです!
お鍋3種、どれもおいしそうですね〜。
寒くなるとやっぱり鍋物が一番ですね。
モツは圧力鍋で加熱するのですね、なるほど。
いつも茹でモツを買いますが、今度試してみたいと思います。
| naoko* | 2006/11/25 9:53 AM |
>naoko*さん
モツってよく加熱しないとあごが疲れるほどかたい…ってことありますよね。
圧力鍋、優秀です。
とてもやわらかいモツになりました。
ただ、圧力鍋に入れる前によーーーーく洗わないと、圧力鍋が臭くなりそうです(笑)
| とまと | 2006/11/26 9:25 AM |
はじめまして。
たまたまここを訪れて、ちょっと書き込みたいことがありました。

大学時代、仲の良かった友人達と冬に鍋を囲んで酒を飲むことが多くありました。
金持ちでもない学生が、酒以外にあまり金を使えないのは当然のことで、どんな鍋がいいか色々考えましたね。

そこで生み出したのが牛肉の代わりに魚を使うすき焼き、後に調べたら尾鷲あたりの郷土料理で「じふ鍋」という同じようなものがありました。作り方はすき焼きの牛肉をサンマやサバなど脂ののった魚に代えるだけ。意外においしいものでこの季節になると時々食べています。
| Eukashi | 2008/02/09 5:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toma-nasu.jugem.jp/trackback/219
トラックバック


「美味しそう!」「作ってみたい!」
というレシピが見つかったら
ぜひ一票を!! ↓↓
にほんブログ村 料理ブログへ
写真つきレシピ一覧
ENTRIES
カテゴリー
今までのレシピ
コメント
トラックバック
ミニ掲示板
参加者プロフィール
リンク
参加者blog
美味しかったもの(byとまと)
料理レシピ全員集合!
(トラックバックピープル)
オススメ料理本
服部お料理学校―基本がわかる、レパートリーが増える 和風・洋風・中国風の基本料理と簡単デザート
服部お料理学校―基本がわかる、レパートリーが増える 和風・洋風・中国風の基本料理と簡単デザート (JUGEMレビュー »)
服部 幸応
お料理一年生にオススメの一冊。
和食、洋食、中華の基本がこれ一冊で学べます。
全ページカラーで、分かりやすく解説してあります。
オススメ料理本
NHK連続テレビ小説ちゅらさんの沖縄家庭料理―沖縄の料理は命薬
NHK連続テレビ小説ちゅらさんの沖縄家庭料理―沖縄の料理は命薬 (JUGEMレビュー »)
NHK「ちゅらさん」制作班
ドラマ「ちゅらさん」を見て、沖縄料理、美味しそうだなぁ〜と思った方も多いのではないでしょうか。そんなちゅらさんで登場した料理のレシピ集です。
沖縄料理の基本書といった感じです。
オススメ料理本
BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel !
BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel ! (JUGEMレビュー »)
BAGEL&BAGEL
ベーグル好きにはたまらない一冊!
あの有名ベーグルショップ「ベーグル&ベーグル」のオリジナルレシピ集、第二弾が出ました。
ベーグルのレシピはもちろん、ベーグルサンドのレシピが充実しています。
オススメ料理本
食べて治す・防ぐ医学事典―おいしく・健康・大安心
食べて治す・防ぐ医学事典―おいしく・健康・大安心 (JUGEMレビュー »)
日野原 重明, 中村 丁次
食事が健康に深く関わっていることは分かっているけれど、具体的にどんな時にどんなものが効果的なの? そんな風に思っている方に必見の一冊です。
「風邪予防」や「貧血」「胃腸が弱い人」など、それぞれの症状に合わせた食事の説明とレシピが満載です。
オススメ料理本
ダイエットのための外食カロリーBOOK―For Ladies
ダイエットのための外食カロリーBOOK―For Ladies (JUGEMレビュー »)
鈴木 吉彦 塩沢 和子
本気でダイエットに励む方にはとても参考になる一冊です☆
オススメ料理本
決定版 みんなが使える食品成分表―知りたい栄養成分値がすぐわかる
決定版 みんなが使える食品成分表―知りたい栄養成分値がすぐわかる (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
食品成分表というと数字ばかりがずらずらと並んでいるイメージがあるかもしれません。
しかし、この成分表はその食品の中で特徴的な部分が太字になっていたり、食品ひとつの重さがしめしてあったり、眺めているだけでも楽しいです!
オススメ料理本
栗原はるみのジャパニーズ・クッキング
栗原はるみのジャパニーズ・クッキング (JUGEMレビュー »)
栗原 はるみ
あの栗原はるみさんのレシピ本の中でも、英国マスコミも絶賛という一冊です。
日本の料理の魅力を外国の方に教える機会がある方にオススメ! 
オススメ料理本
つきぢ田村流・材料をムダにしない和風・節約おかず
つきぢ田村流・材料をムダにしない和風・節約おかず (JUGEMレビュー »)
田村 暉昭
野菜や魚など、いつもなら捨ててしまう部分を上手に生かして一品にしてみよう! そんな工夫を教えてくれる一冊です。ちなみに私の持っているこの本は筆者のサイン付き〜♪(つきぢ田村に食べに行った時にサインをもらった…)
オススメ料理本
『ランチの女王』直伝 洋食レシピ
『ランチの女王』直伝 洋食レシピ (JUGEMレビュー »)
辻調理師専門学校
ドラマ「ランチの女王」を楽しく見ていたのは私だけでしょうか? 本当に美味しいものはどんなに時代が変わってもけして変わらない。そんなメッセージに涙したものです。あの「ランチの女王」のレシピ本です! 基本のソースなどの作り方がとても詳しく出ています。
オススメ料理本
パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答える
パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答える (JUGEMレビュー »)
吉野 精一
パンを作る方、必見!
パン作りを科学的に知ることによって、今まで失敗してしまっていた点が上手くいくようになります。
材料についての詳しい説明なども大変参考になります。
オススメ料理本
料理をおいしくする包丁の使い方―野菜と魚介のうまみを引き出す切り方・さばき方
料理をおいしくする包丁の使い方―野菜と魚介のうまみを引き出す切り方・さばき方 (JUGEMレビュー »)
辻調理師専門学校
料理は包丁の入れ方ひとつで見た目も味も違うものです。
この本で、本格派の包丁さばきを学びましょう♪