今日の一品

自慢のレシピを紹介しあって、皆で料理上手になろう!! レシピを投稿してくださる参加者も募集しています(このブログを見て作ってみた方はぜひトラックバックをよろしくお願いします♪)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
豚ヒレ肉のデミグラタン

久しぶりの更新になります。
今日は豚ヒレ肉を使った一品をご紹介したいと思います。
これは私がまだ実家にいた頃、母が何度か作ってくれたレシピです。
豚ヒレかたまり肉がとってもお安かったので、このレシピを作りたい!と思って母親に電話で聞いて作りました。
懐かしい&やっぱり美味しかったのでここでもご紹介しちゃいます☆

【材料(2人分)】
豚ヒレ肉    200g
薄力粉     少々
卵       1個

デミグラッスソース缶  1缶
しめじ         1株
エリンギ        1/2本
とろけるチーズ     適量
【作り方】
1. 豚ヒレ肉を0.7cm程度の分厚さに切って、塩・こしょうをしてから小麦粉を薄くまぶす。
2. 卵をからめて油を敷いたフライパンで両面を焼く(ピカタの要領で)
3. デミグラッスソースを鍋にあけ、しめじ、エリンギをほぐして入れて火にかけて温める。きのこに火が通ればOK。
4. 耐熱皿に豚ヒレ肉を並べ、デミ&きのこソースを乗せる。
5. お好みの量のとろけるチーズを乗せてオーブンへ。
6. 210℃で10分程度。チーズがとろければ完成!
アツアツのうちに召し上がれ♪

【ポイント】
耐熱皿にお肉を並べる時、何層かになってしまう場合は肉→デミソース→肉→デミソースのように順に乗せていくといい感じになります。


「美味しそう!」「作ってみたい!」と思ったらぜひ一票を☆ →→にほんブログ村 料理ブログへ
| 主菜(肉) | 11:41 | comments(7) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:41 | - | -
コメント
トマトさん、お久し振りです。
美味しそうなデミのグラタン♪
作りたくなっちゃいますね!
ココのアイディアは結構リーズナブルなので好きですよ。
皆さんの一工夫がとても勉強になります。(^_^)
私はオーブンないので、工夫すれば魚焼きグリルでも出来るでしょうか?
オーブンがないと、こう言ったものも疎遠になっちゃうのですが、
寒い冬は、熱々っと言いながら食べたいものです。
これからも皆様には頑張って頂きたいです♪
| mine | 2006/11/09 5:02 PM |
あまりのおいしそうな画像に釘付けです〜!!
すぐにわたしも作ってみます\(^o^)/
あったまりそうですね♪
| ほのほの | 2006/11/09 6:14 PM |
>mineさん
お久しぶりです!
なかなかここを更新できずにいましたが、このレシピはぜひ!と思ったので、久しぶりにUPしてみました。

オーブンがあるとチーズの上に焼き色がつきますが、なければレンジでチンしてチーズを溶かすだけでもOKだと思います。
あと、トースターでも焦げ目がつくと思いますよ。
お試しあれ♪
| とまと | 2006/11/11 5:31 PM |
>ほのほのさん
これからの季節、フーフー言いながら食べる料理が恋しくなりますよね。
かなりアツアツでした。
とっても簡単なので、ぜひ作ってみてください!
私は子供の頃から好きだったメニューなので、お子さんたちも喜んでくれたらいいなぁと思います。
| とまと | 2006/11/11 5:32 PM |
とまとさん、こんにちは。
オーブントースターがうちに来ました!
作れそうなので、今度作ろうと思います!!
そうそう、グラタンは別のグラタンを作ってみました。
デミはまだなので、これもレパートリーに入れたいと思います。
グラタンで色んな工夫ができるので嬉しいです。
| mine | 2007/01/21 10:47 PM |
>mineさん
オーブントースターが手に入ると、グラタン作りもグッと身近になりますね!
チーズがとろけて表面だけカリカリになる感じがなんとも言えずおいしいですものね♪
グラタンといっても中に入れる具材やソースでいろいろアレンジが効きそうなので置くが深いと思います。
そのうちぜひこのデミグラタンも作ってみてください☆
| とまと | 2007/01/25 10:07 AM |
この鍋美味しそうですね。
僕もたまにはチャーハンやめて鍋にします。
| チャーハンマニア | 2008/01/06 2:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toma-nasu.jugem.jp/trackback/218
トラックバック


「美味しそう!」「作ってみたい!」
というレシピが見つかったら
ぜひ一票を!! ↓↓
にほんブログ村 料理ブログへ
写真つきレシピ一覧
ENTRIES
カテゴリー
今までのレシピ
コメント
トラックバック
ミニ掲示板
参加者プロフィール
リンク
参加者blog
美味しかったもの(byとまと)
料理レシピ全員集合!
(トラックバックピープル)
オススメ料理本
服部お料理学校―基本がわかる、レパートリーが増える 和風・洋風・中国風の基本料理と簡単デザート
服部お料理学校―基本がわかる、レパートリーが増える 和風・洋風・中国風の基本料理と簡単デザート (JUGEMレビュー »)
服部 幸応
お料理一年生にオススメの一冊。
和食、洋食、中華の基本がこれ一冊で学べます。
全ページカラーで、分かりやすく解説してあります。
オススメ料理本
NHK連続テレビ小説ちゅらさんの沖縄家庭料理―沖縄の料理は命薬
NHK連続テレビ小説ちゅらさんの沖縄家庭料理―沖縄の料理は命薬 (JUGEMレビュー »)
NHK「ちゅらさん」制作班
ドラマ「ちゅらさん」を見て、沖縄料理、美味しそうだなぁ〜と思った方も多いのではないでしょうか。そんなちゅらさんで登場した料理のレシピ集です。
沖縄料理の基本書といった感じです。
オススメ料理本
BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel !
BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel ! (JUGEMレビュー »)
BAGEL&BAGEL
ベーグル好きにはたまらない一冊!
あの有名ベーグルショップ「ベーグル&ベーグル」のオリジナルレシピ集、第二弾が出ました。
ベーグルのレシピはもちろん、ベーグルサンドのレシピが充実しています。
オススメ料理本
食べて治す・防ぐ医学事典―おいしく・健康・大安心
食べて治す・防ぐ医学事典―おいしく・健康・大安心 (JUGEMレビュー »)
日野原 重明, 中村 丁次
食事が健康に深く関わっていることは分かっているけれど、具体的にどんな時にどんなものが効果的なの? そんな風に思っている方に必見の一冊です。
「風邪予防」や「貧血」「胃腸が弱い人」など、それぞれの症状に合わせた食事の説明とレシピが満載です。
オススメ料理本
ダイエットのための外食カロリーBOOK―For Ladies
ダイエットのための外食カロリーBOOK―For Ladies (JUGEMレビュー »)
鈴木 吉彦 塩沢 和子
本気でダイエットに励む方にはとても参考になる一冊です☆
オススメ料理本
決定版 みんなが使える食品成分表―知りたい栄養成分値がすぐわかる
決定版 みんなが使える食品成分表―知りたい栄養成分値がすぐわかる (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
食品成分表というと数字ばかりがずらずらと並んでいるイメージがあるかもしれません。
しかし、この成分表はその食品の中で特徴的な部分が太字になっていたり、食品ひとつの重さがしめしてあったり、眺めているだけでも楽しいです!
オススメ料理本
栗原はるみのジャパニーズ・クッキング
栗原はるみのジャパニーズ・クッキング (JUGEMレビュー »)
栗原 はるみ
あの栗原はるみさんのレシピ本の中でも、英国マスコミも絶賛という一冊です。
日本の料理の魅力を外国の方に教える機会がある方にオススメ! 
オススメ料理本
つきぢ田村流・材料をムダにしない和風・節約おかず
つきぢ田村流・材料をムダにしない和風・節約おかず (JUGEMレビュー »)
田村 暉昭
野菜や魚など、いつもなら捨ててしまう部分を上手に生かして一品にしてみよう! そんな工夫を教えてくれる一冊です。ちなみに私の持っているこの本は筆者のサイン付き〜♪(つきぢ田村に食べに行った時にサインをもらった…)
オススメ料理本
『ランチの女王』直伝 洋食レシピ
『ランチの女王』直伝 洋食レシピ (JUGEMレビュー »)
辻調理師専門学校
ドラマ「ランチの女王」を楽しく見ていたのは私だけでしょうか? 本当に美味しいものはどんなに時代が変わってもけして変わらない。そんなメッセージに涙したものです。あの「ランチの女王」のレシピ本です! 基本のソースなどの作り方がとても詳しく出ています。
オススメ料理本
パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答える
パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答える (JUGEMレビュー »)
吉野 精一
パンを作る方、必見!
パン作りを科学的に知ることによって、今まで失敗してしまっていた点が上手くいくようになります。
材料についての詳しい説明なども大変参考になります。
オススメ料理本
料理をおいしくする包丁の使い方―野菜と魚介のうまみを引き出す切り方・さばき方
料理をおいしくする包丁の使い方―野菜と魚介のうまみを引き出す切り方・さばき方 (JUGEMレビュー »)
辻調理師専門学校
料理は包丁の入れ方ひとつで見た目も味も違うものです。
この本で、本格派の包丁さばきを学びましょう♪