今日の一品

自慢のレシピを紹介しあって、皆で料理上手になろう!! レシピを投稿してくださる参加者も募集しています(このブログを見て作ってみた方はぜひトラックバックをよろしくお願いします♪)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
トマトのファルシー
トマト・ファルシー
トマトが美味しくなってきましたね。
生で食べることが多いトマトですが、
加熱するとトマトの甘みが増し、酸味がマイルドになります。
トマトの意外な美味しさを発見できるかもしれません。

トマト・ファルシー 2個分

・詰め物 
ハム2枚、とろけるチーズ2枚、玉葱1/4個、インゲン2本粗みじん切り。食パン1/4枚を牛乳に浸して絞った物、塩一つまみ、コショウ、オリーブ油小さじ1、タイム少々(好みのハーブをなんでも)を手でよく混ぜ合わせる。ハム、チーズの塩分があるので塩は控えめに。隠し味に砂糖を一つまみ入れるとトマトの甘みが引き立つ。

・トマト中2個のヘタがついている方を1cm厚さに切り落とす。ヘタをはずし、トマトをのせてクッション代わりにするので捨てないで。
・トマトの縁の果肉を残してナイフで周りをそっと切り離し、皮を傷つけないようスプーンか手で中身を出す。取り出した中身と汁はグラタン皿に敷く。トマトに塩一つまみ振って逆さにしておく。

・詰め物をトマトにしっかり詰める。グラタン皿にトマトのクッション、詰め物をしたトマトを重ねて平らに置く。パセリ、パルメザンチーズ、オリーブ油をふる。
・200度に予熱したオーブンで20分焼く。ナイフで4等分して温かいうちに召し上がれ。

★ハムの代わりにベーコン、ひき肉、サーモンなどバリエーションは色々。
★つなぎのパンの代わりにご飯でも。
★くりぬいたトマトは使わないレシピが多いようですが、下に敷いてソース代わりにしました。
トマトが蒸し焼き状態になってちょうどいいみたいです。

にほんブログ村 料理ブログへ
| 副菜 | 11:16 | comments(15) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 11:16 | - | -
コメント
こないだトマトグラタンを作ったときに、中身がもったいないなぁと思っていたのでこのレシピには感激です♪さっそく作ってみまぁす★
| あゆ | 2005/07/07 12:08 PM |
トマト、丸ごとぜ〜〜んぶ利用できて、無駄がない点もとても魅力的ですね! エコクッキングという感じがします。
トマトはいつもサラダとして食べることが多いので、今度は加熱する方法もチャレンジしてみようと思いました。
これ、結構ボリュームはありそうですが、ペロッと食べられそうですね。
| とまと | 2005/07/07 1:48 PM |
トマトだめなんです〜w
あの、青臭い味が・・・。
どうしたら、食べれるようになるかなぁ?
ケチャップなら大丈夫なんだけど・・・。
| おこ | 2005/07/07 3:18 PM |
あゆさん
>中身がもったいないなぁと思っていたので
そうですよねー、私も同じように思ってこのレシピを考えつきました。

とまとさん
>エコクッキング
ああ、いいネーミングですねえ♪
クッション代わりに敷いた所も全部食べられました。
加熱すると水分が抜けてボリュームが減るのでペロッといけます。

おこさん
>トマトだめなんです〜w
あらら、それは残念ですね。
ケチャップが大丈夫なら加熱するとOKかも?
隠し味に砂糖をちょっと足すと更に食べやすいです。
| naoko* | 2005/07/07 7:26 PM |
はじめまして!
トマトは生かソースにしてしか食べたことなかったけど、こんな料理の仕方もあるんですね!グラタンか〜。
おいしそう♪
| ぶろすけ | 2005/07/09 9:13 AM |
今まではサラダでそのまま食べるくらいだったのですが、
トマトが大好きなので何かトマトレシピを
覚えたいと思って、簡単そうだったので作ってみましたヽ(`▽´)/
すごく美味しかったです(>_<")
レパートリーに加えさせて頂きま〜す!
| ot | 2005/07/09 3:58 PM |
初めまして
加熱と言うと、電子レンジでも
いいのでしょうか?
それともボイル?
| taki | 2005/07/10 9:38 AM |
ぶろすけさん
はじめまして。
トマトは生でも美味しい、加熱しても美味しいですね。
グラタン、お勧めです、ぜひお試しを。

otさん
はじめまして。
もう早速作られたのですね、うれしいです!
ちょっと目先が変わってパーティなどにぴったりですね。

takiさん
はじめまして。
レンジでも多分いいと思います。焼くというより蒸すという感じになるでしょうね。オーブンかトースターで焼くと焦げ目がついて香ばしくなります。実験してみてください〜!
| naoko* | 2005/07/10 12:22 PM |
こんばんは、小雨交じりで寒い日です。
初めて鯵の映像を見た時は!、美味しそう!
写真も上手!と思いました。もちろん、お料理のできばえが良いからですが、写すタイミングとか、コツがありそうですね。私は撮影が下手です。熱いもの、冷たいもの、どちらが難しいですか?

材料をムダなく使って、暑い季節、元気の出る色彩でパワーアップしそうですね。

トマトが苦手だった母は、2cmくらいの角切りにして蜂蜜をかけて食べられるようになりました。私は、玉ねぎ、ニンジン、赤ピーマン(パプリカ)エリンギなどを炒めて少し煮込み、トマトをぶつ切りケチャップ少々、塩、コショウで味付けします。洋酒も入れます。ナスを使ったり、ラタトゥイユの亜流?ですね。
 
私は未婚なので、家族の反応を得る楽しみがありませんが、昨年11月から故あって100日間精進料理を試作しました。大変でした。

大丸が札幌に出来てから、本州の珍しい野菜に出会います。モダンと伝統を取り混ぜ素敵なメニューを楽しみにしています。
| ハニーm | 2005/07/11 7:19 AM |
ハニーmさん、こんにちは。

>熱いもの、冷たいもの、どちらが難しいですか?
そうですねー、どちらも時間をかけていると乾いてしまうので、あらかじめクロスやパネル、照明などスタンバイしておきます。
ハニーmさんは精進料理を勉強されたのですね。私も好きで作ります。よかったらこのサイトへレシピを投稿してみませんか。
| naoko* | 2005/07/11 12:46 PM |
naoko*さん、お久しぶりです!
先月から体の浮腫みがひどくて、その対策のためにカリウム豊富な食材を摂ることに。そして、トマトもその1つとして取り入れるようにしています。
生のトマトも良いですが、旅先で焼きトマトに出会って、その美味しさに目覚めました(^^)

丁度、トマト以外は素材がそろっていますので、試してみたいと思います〜!
| あきこ | 2005/07/20 5:43 PM |
はじめまして〜
とまとさんの所でトマトファルシーを見て、こちらのレシピを参考に早速作りました。
とっても美味しくて、娘と感激♪
美味しいレシピありがとうございます。

トラバさせて貰ってもいいですか?
これからもレシピ参考にさせてくたせさいね〜
| ななママ | 2005/07/21 10:07 AM |
あきこさん
浮腫み解消にトマトがいいのですか。どうぞお大事に。
焼きトマト、美味しいですね〜、私も好きです。トマトを敷いて卵を載せて焼きます。
このトマトファルシーはとっても好評です、ぜひお試しを。

ななママさん
はじめまして〜。
トマトファルシーのレシピを早速使ってくださってうれしいです♪
作ってみると意外にカンタンですよね。
トラバしてくださるのですか、どうぞよろしく〜!
| naoko* | 2005/07/24 10:49 PM |
はじめまして。
++ななママいろ++のななママさんの記事で知って
すっごくおいしそうなので、作ってみました。
イタリアを旅行した時、屋台のような所で
こんな感じのお料理を売っていて、
すっごくおいしかった覚えがあるのですが、
それよりおいしかったです。
ありがとうございました!
| のり | 2005/10/08 4:30 PM |
のりさん、はじめまして。
トマトファルシー、イタリアでも売っていましたか。
イタリアのよりのりさんの方が美味しかった?!
それはうれしい感想です〜♪
HPも見てきましたが、画像がすごくきれいでした。

| naoko* | 2005/10/09 4:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toma-nasu.jugem.jp/trackback/169
トラックバック
トマトのファルシー
先日、「今日の一品」でnaoko*さんが紹介して下さったトマトのファルシーがとーーーーっても美味しそうだったので、昨日作ってみました。 思っていたよりも簡単で、しかも非常に美味しくてびっくり! naoko*さんのレシピに忠実に、上の切り落とした部分のヘタを取り
| 美味しいもの&食雑学「へぇ〜」 | 2005/07/15 8:49 AM |
トマトのファルシー
今日はパパがお休み。 でも夜中の2時に帰ったパパはかなりお疲れ気味 中間管理職は仕事量も悩み事も多いみたいです 朝:手作りピザパン。 昼:豚のしょうが焼きとお味噌汁。 パパと子供達がお昼寝をしている間、 たまっていた仕事をすませ、夕方からみん
| ☆めだかのメロディ☆ | 2005/10/08 4:19 PM |


「美味しそう!」「作ってみたい!」
というレシピが見つかったら
ぜひ一票を!! ↓↓
にほんブログ村 料理ブログへ
写真つきレシピ一覧
ENTRIES
カテゴリー
今までのレシピ
コメント
トラックバック
ミニ掲示板
参加者プロフィール
リンク
参加者blog
美味しかったもの(byとまと)
料理レシピ全員集合!
(トラックバックピープル)
オススメ料理本
服部お料理学校―基本がわかる、レパートリーが増える 和風・洋風・中国風の基本料理と簡単デザート
服部お料理学校―基本がわかる、レパートリーが増える 和風・洋風・中国風の基本料理と簡単デザート (JUGEMレビュー »)
服部 幸応
お料理一年生にオススメの一冊。
和食、洋食、中華の基本がこれ一冊で学べます。
全ページカラーで、分かりやすく解説してあります。
オススメ料理本
NHK連続テレビ小説ちゅらさんの沖縄家庭料理―沖縄の料理は命薬
NHK連続テレビ小説ちゅらさんの沖縄家庭料理―沖縄の料理は命薬 (JUGEMレビュー »)
NHK「ちゅらさん」制作班
ドラマ「ちゅらさん」を見て、沖縄料理、美味しそうだなぁ〜と思った方も多いのではないでしょうか。そんなちゅらさんで登場した料理のレシピ集です。
沖縄料理の基本書といった感じです。
オススメ料理本
BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel !
BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel ! (JUGEMレビュー »)
BAGEL&BAGEL
ベーグル好きにはたまらない一冊!
あの有名ベーグルショップ「ベーグル&ベーグル」のオリジナルレシピ集、第二弾が出ました。
ベーグルのレシピはもちろん、ベーグルサンドのレシピが充実しています。
オススメ料理本
食べて治す・防ぐ医学事典―おいしく・健康・大安心
食べて治す・防ぐ医学事典―おいしく・健康・大安心 (JUGEMレビュー »)
日野原 重明, 中村 丁次
食事が健康に深く関わっていることは分かっているけれど、具体的にどんな時にどんなものが効果的なの? そんな風に思っている方に必見の一冊です。
「風邪予防」や「貧血」「胃腸が弱い人」など、それぞれの症状に合わせた食事の説明とレシピが満載です。
オススメ料理本
ダイエットのための外食カロリーBOOK―For Ladies
ダイエットのための外食カロリーBOOK―For Ladies (JUGEMレビュー »)
鈴木 吉彦 塩沢 和子
本気でダイエットに励む方にはとても参考になる一冊です☆
オススメ料理本
決定版 みんなが使える食品成分表―知りたい栄養成分値がすぐわかる
決定版 みんなが使える食品成分表―知りたい栄養成分値がすぐわかる (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
食品成分表というと数字ばかりがずらずらと並んでいるイメージがあるかもしれません。
しかし、この成分表はその食品の中で特徴的な部分が太字になっていたり、食品ひとつの重さがしめしてあったり、眺めているだけでも楽しいです!
オススメ料理本
栗原はるみのジャパニーズ・クッキング
栗原はるみのジャパニーズ・クッキング (JUGEMレビュー »)
栗原 はるみ
あの栗原はるみさんのレシピ本の中でも、英国マスコミも絶賛という一冊です。
日本の料理の魅力を外国の方に教える機会がある方にオススメ! 
オススメ料理本
つきぢ田村流・材料をムダにしない和風・節約おかず
つきぢ田村流・材料をムダにしない和風・節約おかず (JUGEMレビュー »)
田村 暉昭
野菜や魚など、いつもなら捨ててしまう部分を上手に生かして一品にしてみよう! そんな工夫を教えてくれる一冊です。ちなみに私の持っているこの本は筆者のサイン付き〜♪(つきぢ田村に食べに行った時にサインをもらった…)
オススメ料理本
『ランチの女王』直伝 洋食レシピ
『ランチの女王』直伝 洋食レシピ (JUGEMレビュー »)
辻調理師専門学校
ドラマ「ランチの女王」を楽しく見ていたのは私だけでしょうか? 本当に美味しいものはどんなに時代が変わってもけして変わらない。そんなメッセージに涙したものです。あの「ランチの女王」のレシピ本です! 基本のソースなどの作り方がとても詳しく出ています。
オススメ料理本
パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答える
パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答える (JUGEMレビュー »)
吉野 精一
パンを作る方、必見!
パン作りを科学的に知ることによって、今まで失敗してしまっていた点が上手くいくようになります。
材料についての詳しい説明なども大変参考になります。
オススメ料理本
料理をおいしくする包丁の使い方―野菜と魚介のうまみを引き出す切り方・さばき方
料理をおいしくする包丁の使い方―野菜と魚介のうまみを引き出す切り方・さばき方 (JUGEMレビュー »)
辻調理師専門学校
料理は包丁の入れ方ひとつで見た目も味も違うものです。
この本で、本格派の包丁さばきを学びましょう♪